サングラスでシミ対策って、おい!

シミの一番の原因はやっぱり紫外線かな。

だからシミに出てきてほしくなかったら、紫外線対策をするのが一番効果的みたいだね。

で、いろいろネットサーフィンしてたら、「シミ対策にサングラス」みたいなものをみつけたんだ。

シミ対策にサングラス? なんで? どうして? どうやって? 全然ピンとこなかったから、もうちょっと調べてくるね。

チャリン! チャリン!

どうやら、紫外線は目からも吸収されているらしいよ。

紫外線が皮ふに当たると、皮ふの中で紫外線から守ろうとしてメラニンっていう色素をつくり出すんだけど、そのメラニンが過剰に作られてたまったものがシミなんだ。

でも、紫外線は皮ふから入ってくるだけじゃなくて、目からも入ってくるってことなんだって。

目から入ってきた紫外線によって、角膜が炎症をおこすんだって。

そうすると、脳が勝手に「あっ、紫外線が入ってきた! メラニンを作れー!」って司令を出すらしんだ。

そうなるとどうなるかって言うと、目にメラニンができるんじゃなくて、その司令は体全身に伝わるから、全身でメラニンが作られるらしい。

とうぜん顔の皮ふにも作られるから、顔にシミができちゃうって感じみたいよ。

だから、シミをつくりたくなかったら、サングラスをかけろって書いてあったもん。

じゃぁ、どんなサングラスを選んだらいいのか、もう一回調べてくるからちょっとだけ待っててね。

チャリン! チャリン!

どうやらね、サングラスならなんでもいいのかっていうと、そうでもないみたいだよ。

たとえば100円ショップで売っているようなものじゃぁダメみたい。

レンズの色は暗くても、紫外線を通しちゃうからね。

まず、紫外線対策だから紫外線をできるだけ通さないものがいいよね。

でもね、その前に一つ注意点があるんだ。

ちゃんと調べたから書いちゃうよ。

それはね、レンズの色なんだ。

さっき100円ショップのはあんまりよくないよっていったけど、まさにそうなんだ。

色が暗くて紫外線を通したら最悪なんだ。

なんでかっていうと、レンズの色が濃いと、目の瞳孔が「あれ? 暗いぞ! 瞳孔をいっぱい開いて光を吸収しないと見えにくいぞ!」って頑張っちゃうんだ。

そうなると、紫外線が入ってくる量も増えちゃうってことね。

しかも、レンズが紫外線をカットできないとしたら、サングラスを掛けないときより開いている瞳孔から、紫外線がジャンジャン入ってきちゃうってこと。

そう、この状態は、紫外線対策としては最悪の状態だね。

だから、可能ならレンズは無色で紫外線をカットしている眼鏡がいいんだって。

へェ~、だよね。

じゃぁ、話を戻して紫外線を通さないサングラスの選び方にいくね。

紫外線対策をしているサングラスを選ぶポイントは、3つあるんだ。

それは、「紫外線カット率」と「紫外線透過率」と「UV400」だよ。

紫外線カット率っていうのは、紫外線をどれだけカットできるかっていう数字だよ。

つまり、99%って書いてあったら99%の紫外線を通さないってことね。

で、紫外線透過率っていうのは、どれだけ紫外線を通すのかってこと。

つまり紫外線カット率の逆だね。

だから、数字が小さいほど紫外線がカットされるってことね。

たとえば、紫外線透過率が1%だったら、1%の紫外線しか通しませんよ、99%はカットしてますよ、ってことね。

あと、UV400っていうのは、紫外線カット率や紫外線透過率とはちょっと違って、UV400以下の紫外線なら全部カットしちゃいまーす、ってことなんだ。

どういうことかって言うと、人間は紫外線を3つのグループに数値で分けていて、その3つっていうのが「280以下」、「280~315」、「315~400」なんだ。

で、大は小をかねるじゃないけど、大きい数字の紫外線をカットできれば小さい数字の紫外線もカットできるんだ。

つまり、400が一番大きい数字だから、UV400って書いてあったら、400以下の紫外線は全部通しませんよー、って言う事になるんだ。

だからUV400 って書いてあったら、最高なんじゃないかな。

あと、サングラスを選ぶポイントとして、形も考えたほうがいいね。

あんまり細いレンズや小さいレンズじゃぁ、目を隠しきれないからね。

大きいレンズか、サングラスの上とか横までカバーしてあるのならベストかな。

結局どんなものが紫外線対策に適しているのかって言うと、レンズが透明でUV400のネガネかな。

でもまぁ、おいらだって少しはカッコつけたいから、少し色がついてる方を選んじゃうけどね。

おそらくだけど、高いサングラスだったら、色が濃くてもけっこう明るく見えるんじゃないの。

適当にいってるけど・・・どうも。

コメントは受け付けていません。