シミは嫌だけど、やっぱり日焼けしてたほうがカッコイイよね

シミの多くの原因は、紫外線らしんだ。

紫外線が皮ふから吸収されると、皮ふの中で紫外線から守ろうとする動きがみられる、それがシミのもとになるメラニンっていう色素をつくるってことなんだ。

そうやってつくられたメラニンが必要以上にたまっちゃうと、それがいつしか表面にでてきて、シミになるんだ。

そんなことはわかっていても、やっぱり色白より、少しくらい日焼けしていたほうが、女の人からもてると思うんだよね。

だから、シミはつくりたくないけど、日焼けはしたいんだよね。

そんなうまい話はないのかなぁ?

ちょっと調べてみるか。

チャリン! チャリン!

な~るほどね、ちゃんとあるもんだね、シミになりにくい日焼けの方法って。

まず、一番ダメなのが、1日で一気に焼こうとすることみたいよ。

1日で長時間紫外線を浴びていると、肌へのダメージはかなりスゴイことになっているみたい。

それだけ紫外線を浴びていれば、メラニンをつくるメラノサイトだって頑張るから、ガンガンシミのもとを作り出しちゃうからね。

だから、シミになりにくい日焼けをしたいんだったら、何日もかけて少しずつ日焼けをしていくのがいいらしいよ。

しかも、太陽が高い時間帯は紫外線も強いからやめたほうがいいって。

朝とか夕方の時間帯を狙って、1日30分くらいを目安に焼くといいみたいよ。

実際に、朝日とか夕日は目で直接見ても眩しくないもんね(見てもいいのかどうかは知らないけれど)。

そうすれば、ダメージが少なくてすむから、メラニンもそんなにできてこないみたい。

で、焼くときにサンオイルをつけるのもいいみたいだね。

サンオイルをつけると、直接肌に紫外線が当たるわけじゃないから、それだけでも違うみたい。

やっぱり、たった30分って思っても、地肌に直接紫外線があたるのは避けたほうがいいみたいね。

それから重要なのが、日焼けしたあとのケアね。

どうしても紫外線を浴びれば、多少なりともメラニンは作られるから、そのメラニンがたまらないようにしないといけないね。

シミのもとだからね。

で、メラニンがたまらないようにするためには、肌の新陳代謝をあげることを意識するといいみたいよ。

新陳代謝を活発にすれば、肌のターンオーバーがキチンと働いて、できたメラニンを少しずつ追い出してくれるからね。

そのためには、肌の保湿ができるものを塗るとか、ビタミンCをしっかりとるとかするといいみたいね。

日焼けは炎症だから、冷やすのもいいのかな。

炎症しているってことは、熱を持っているってことだから、そのまま放っておいたら、熱がこもって、乾燥肌の原因になっちゃうかもしれないからね。

乾燥肌って、やっぱりシミの原因の一つになっているんだ。

肌のターンオーバーがうまく機能しなくなるからね。

冷やしたあとももちろん保湿ね。

こうやって考えてみると、日焼けの仕方も大切だけど、日焼け後のケアのほうがもっと大切みたいだね。

しっかりケアできれば、肌の新陳代謝が上がって、肌のターンオーバーも正常になって、シミができにくい顔になっていくんだろうね。

何だかいい話を聞いた気分だな。

ちょっとやってみようかな。

コメントは受け付けていません。