血液サラサラ効果でシミが薄くなる?

血の流れが悪くなると、動脈硬化になって心筋梗塞になったり脳梗塞になるイメージがあるから、怖いな~って思っているけど、血液がサラサラになると、肌もきれいになるみたい。

ちょっと詳しく調べてくるね。

チャリン! チャリン!

やっぱりそうだったよ。

血液の流れが良くなると、美肌効果にもつながってるんだって。

血って、体中に酸素や栄養素を届けたりしてくれているけど、血の流れが悪くなると、酸素や栄養素が運ばれなくなるから、とうぜんのようにカラダの調子が悪くなるね。

血の流れが悪くなって一番怖いのは、血管がつまって脳梗塞や心筋梗塞になることだけど、血の流れが悪くなると、カラダ全体の新陳代謝も落ちるから、肥満になったり、冷え性になったり、あとは、肌荒れもだね。

なんで血行不良が肌荒れにつながるのかって言うと、肌のターンオーバーが乱れるからなんだ。

ターンオーバーってなんなんだって言うと、新しい角質と古い角質が入れ替わることなんだけど、皮ふの深いところで新しい角質が作られて、だんだん表面に移動していくんだ。

そうなると、一番表面にある古い角質は追い出されてアカとなってでていくんだ。

このサイクルをターンオーバーサイクルっていうんだよ。

で、このターンオーバーサイクルが乱れると、古い角質がいつまでも肌の表面に居座ることになるから、肌があれたり乾燥肌になるってことなんだ。

もちろん、老化現象の一つとしてターンオーバーサイクルが遅くなることはあるんだけど、血液の循環が悪くなることで、このサイクルが乱れることもあるっていうんだ。

毛細血管って、もちろん全身にあるんだけど、血の流れが悪くなると毛細血管の先まで血が流れなくなって、だんだん短くなっちゃうって聞いたことあるよ。

肌に接してる毛細血管が酸素や栄養素を運んでくれなくなるわけだから、肌の細胞だって健康的じゃなくなるよね。

そうなると、ターンオーバーに必要なものが足りない状態になるんだから、ターンオーバーは正常にはならなくなっちゃうよね。

それに、肌に接してる毛細血管があんまり働かなくなっちゃうと、肌ででてきた老廃物の処理もできなくなっちゃうね。

そうなると、肌がどんよりしてきたりハリがなくなって、いかにも年をとりました、みたいな肌になっちゃうかもね。

じゃぁ、血の流れが悪くなっちゃう原因って何なのって言うと、まず、日頃の栄養不足や水分不足かな。

血の中の水分量が少なければ、とうぜん血自体はドロドロしたものになるね。

さらに栄養が足りないと、悪玉コレステロールや糖質が増えちゃうから、その分ドロドロした血になっちゃうらしいよ。

あとは、筋肉不足ね。

筋肉がギュッギュッって血を送り出しているから、そのパワーが弱いと、やっぱり血の流れが弱くなるね。

それからストレスも原因の一つだね。

ストレスを感じると、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが崩れるから、カラダ全体の調子が狂ってきちゃうんだ。

とうぜん、血の流れも良くない方向に向かっていくね。

それから、冷え性も良くないよ。

そもそも冷え性の人は、手足の毛細血管の先の先まで血が巡っていないから冷え性なんのかもしれないけど、そう考えると、冷え性を治せば、血行も良くなるって考えられるね。

さてさて、じゃぁ、どうすれば、血の流れが良くなるのかって話なんだけど、基本的には、食事と運動かな。

食事だったら、まず水分をしっかりとることね。

そうだねぇ、1日2Lくらいの水分をとるといいっていうけど、まぁ、少なくても1,5Lはとりたいね。

あっ、ジュースとかビールは抜きだよ。

お茶くらいはいいけどね。

あとは青魚がいいね。

アジやサバやイワシだね。

他にもカツオもいいと思ったよ。

それから、お酢ね。

お酢はいいよ。

クエン酸が入っているし、特に黒酢がいいかな。

それから、やっぱり野菜だね。

野菜は全般的に摂ったほうがいいけど、特に意識したいのは、ネギ科の野菜ね。

ネギとか、長ネギとか、玉ねぎとか、ニンニクとかね。

次に運動だね。

運動は適度がいいらしいよ。

有酸素運動が良くて、逆に激しい運動は肌荒れの原因になるみたい。

たとえば、2人以上の人数で散歩して、お互いに会話ができるくらいでいいらしいよ。

息が切れちゃって、話ができないくらいだと、ちょっとやり過ぎみたい。

だから、ちょっと大股で早歩きするくらいでいいね。

階段の昇り降りも笑顔でできる程度ならいいんじゃないかな。

あとはストレッチとか、マッサージとか。

ストレッチやマッサージをして、筋肉をほぐしてあげると、また明日も元気に筋肉が働いてくれるからね。

ゆっくりお風呂に入って、その後にストレッチやマッサージをすると、睡眠もしっかり取れそうだね。

コメントは受け付けていません。